仙台駅でコンビナンパして3P【人生初ナンパ成功】

仙台 ナンパ 伊達政宗

9年前に仙台で初めてナンパ成功した話。

その頃、鍵英之というナンパ師の本を読んでいた。

彼はいわゆる誠実系で、お酒を飲ませてナンパする方法を推奨していた。

自分は今ではアルコールに頼らないナンパをしているが、ナンパ未経験の段階で、とにかく成功体験を積む、という意味では良かった。

友人と繁華街のゲームセンターでひとしきり声をかけ、その後、仙台駅東口に移動することにした。

仙台駅東口

東口を出てすぐのロータリーが当時ナンパスポットとして知られていた場所だ。

そこに座っていた若い二人組に友人が声かけに行った。

(タバコの)火ある?みたいな感じで声かけしたらしい。

その間、遠くにいて笑顔で手を振っていた。

そのうち適当に近付き、話を合わせた。

二人組のうち一人は早々にどこかに行ってしまい、いわゆる男2人、女1人の、いわゆる正3のような状態になった。

仙台駅東口でひとしきり和んだあと、繁華街の国分町に移動しようと提案した。

仙台 とらの尾

これはもちろんお酒を入れるためだ。

国分町に「とらの尾」という行きつけの居酒屋があってそこに移動した。

なるべくたくさんお酒を飲んでもらうのが成功確率を上げると本にあったので、その通りに実践した。

軽くボディタッチなども入れつつお酒を勧め、酒量を増やしていった。

そのうち酔いがまわってきたらしく、カルピス系のカクテルを「ポカリやん」などと連呼し出したのを今でも思い出す。

だいぶ出来上がってきたと判断し、店を出て、自宅にタクシーで搬送した。

人生初ナンパ成功が自宅で3人プレイとなり、二人は朝方、帰って行った。

後ろ姿

Fin…

海外ナンパ無料メルマガコミュニティに参加する

お名前(又はハンドルネーム)

メールアドレス

 

自己紹介の物語

“見知らぬ女子高生たちから顔を指さされ笑われていた、

醜形恐怖症で精神科通いの廃人が

ある日、奇跡的に発見した限界突破の教え・・・

数年後ふと気づけば、海外で現地素人女性をナンパし性交していた物語・・・

⇒5分で読める、物語の続きはこちらをクリック